call plz

callmanと言います。この通り、blogやってます。

Kinesis Advantage 2を購入して3週間使った感想

買いました。例のキーボードです。

www.edikun.co.jp

 

2,3週間くらい使用してみての感想となります。

はじめ、箱から出してみた感想は「思ったより軽い」でした。あとは「想像したより大きくはなかった」です。

 

打鍵感について

タイピングしてみた感想は「こんなもんか」でした。

HHKBほどの感動はなく、打鍵感はキーキャップが擦れている感じがして気持ちが良いものではないです。私が今までにメカニカルキーボードに触れたことがなく、RealforceやHHKBのみってのもあるのかもしれない。その2つを長年使用している身としては、打鍵感の感想はそうなった。

 

 

配列について

キーの配列は、慣れです。

今この文章はRealforceでタイピングしてますけど、正直すでに手が慣れないです。一般的なキーボードを打つことが出来なくなってます。それくらいの差があります。

上下左右の矢印キーが、右に上下キー、左に左右キーあるのがどうしても慣れないです。あとスペースも右側だけにしか無いのとか。矢印キーに関しては、このまま使い続けてもストレスなんだろうなと感じている部分です。

あとホームポジションをズラされることが多いです。てっきり手をおいたらお椀型になっていることで、全てのキーに手が届くものだと思っていたのですが、微妙に届かず手を動かす必要があり、手を戻すもホームポジションを見失うことが多々あります。

普通のキーボードだと、FキーやDelete、Home、Endなどのキーを押さない限りズレることって無いんですよね。それがよく起きます。

 

疲れについて

明らかに肩こりや首のこりは減った気がしています。これについては満足しています。

それとこれは分離キーボード全てに言える話だと思うのですが、日本語入力している最中の疲労パフォーマンスは、残念ながら最悪です。右側を入力する頻度の多さが、普通のキーボードを使用しているときに感じていなかった疲労が襲ってきます。

 

 

総評

プログラミングするならHHKBが一番やりやすいです。

プログラミングしないならRealforceが一番入力しやすいです。

それらを差し置いても肩こりが辛いんじゃという人はKinesis Advantage 2をおすすめします。